HOMEブログ施工事例の紹介 >新緑の中のナチュラルモダンエクステリア 川越市④植栽編

新緑の中のナチュラルモダンエクステリア 川越市④植栽編

a81

 ナマケモノの最高速度、288m/時

 

ブログをご覧のみなさま こんにちは。

連休中に、ここ所沢から千葉県のマザー牧場まで行こうと思いつき、

朝6時出発アクアライン経由マザー朝9時着の予定で家をでたところ、

マンガのような(どんな?)渋滞にはまり心が折れて、八景島シーパラダイスに行ってしまった

Plantree所沢です。

ちなみに渋滞にはまったのは首都高羽田空港あたりでしたが、時速1kmだったりそうでなかったり。

車中では長男「おしっこぉぉぉぉ~涙」次男「フギャーフギャー」長女「・・・・・(機嫌が悪くイスを蹴る)」

旦那「もうちょっとしたら着くからねぇぇ~(←大ウソ)」私「なんでそんなのん気なこと言ってられんのっっ!怒」

という感じで、きっと渋滞にはまった家族連れのほとんどが体験してるであろう

プチ修羅場が展開されておりました。

 

それはさておき、ここのところ割とコンスタントに更新してる当HP、

間をあけ過ぎると、前回ナニを書いたのか忘れてしまって、

2枚舌を駆使して、前回と今回と全然違うことを平気で書いてしまうので、

ととととっと 新緑のなかのナチュラルモダンエクステリア 話を進めてまいりたいと思います。

 

1024 004

 

おっ、今回の復習写真はいつもとちょっと違いますな。角度が。

角度を変えてみて初めて気づきましたが、すさまじいまでの田園風景が広がってますね。

今回はナチュラルカラーの中のおされアクセント、植栽について生ぬるく語ります。 

 

1024 03-i0

 

ハイまずこちら。正面から見たお花さんたち。

奥に見えますのが、ベロニカ・ロイヤルキャンドル(たぶん)と、手前に ブルースターというコニファーになりまぁす。

ブルースターの白みがかった緑色の葉がベージュのタイルとよくなじみ、ベロニカの紫色の花穂が

目をひくアクセントになっていまぁす。 

 

1024 029-i

 

では次。頭頂部からみたお花さんたち。

真ん中と端っこに葉色の違うヒューケラ、その間にティアレラが植えられていまぁす。

それぞれ異なる色の葉の組み合わせですが、なんだかしっくりまとまっているのは、さすが凄腕のワザ!! 

 

1024 019-i

 

ガラリと変わってこちらはアプローチの奥、タイルテラスの中の花壇スペースでぇす。

シンボルツリーにはポ~パァ~イじゃなくて、オリーブを選択。

オリーブは常緑樹なので、落ち葉の掃除に煩わされることもありません。

明るい葉色と軽やかな樹形は、さっぱり風味のタイルテラスとの相性もグゥですね。

 

こんな素敵なエクステリアをまとった家だったら、わざわざ大☆混雑するGWに出かけなくても

楽しいおうち時間が過ごせるんではないでしょうか、

っと無理やりオープニングトークの渋滞ネタにこじつけてみたところで、

また次回。