HOMEブログ施工事例の紹介 >ミニ祭りⅡ

ミニ祭りⅡ

b

はああ~、おひるが待ち遠しい~

 

ブログをご覧のみなさま こんにちは。

このPlantree所沢近辺、こじゃれた料理やさんに乏しく、

いつもいつもコンビニをめぐるしかない切ないお昼ごはんだったのですが、

先日、すぐそばにモスバーガーがOPEN!

初日から電話予約をして買うくらいの力の入れようだったPlantree所沢の女子たちですが、

イザ注文してみると、かなりのメニューが「13日からの販売になります」と・・・

じゃあなぜ2日にOPENしたんですか・・・庶民には理解できませんよ・・・

でも、完全に金のテリヤキ中毒なわたくし、12時と同時にモスにぶっこみかけてきます!うりゃああ~

 

で、あと25分ほどありますので、ささっと昨日よりのミニ祭り☆を展開~

イヤなんかやっつけ的なニュアンスになりましたが、決してそんなことはございませんよ!

ございませんとも!!

 

引戸

 

昨日ご紹介したレンガ積みの門袖、そして引き戸くん。

その引き戸くんの向こうには なにやら秘密のにほひがプンプンするという祭りでしたね。

では引き戸をそお~っと開けてみましょうか。

そそっと。

 

引戸をあけるとスロープに

 

むむっ、なんですかこのぬんめりした何かは。・・・スロープですよ。

近頃バリアフリーという言葉も世間にすっかり浸透してるせいか、

エクステリアでもスロープのご要望増えてます。

玄関ポーチに上がるためだったり、自転車を上げるためだったり、将来のことを考えてだったり・・・

用途&目的によって、スロープの勾配(坂の角度)は要検討ですよ!

自転車を、よっこい庄一と持ち上げるだけでしたら、写真のように多少勾配きつくてもなんとかなります。

が、将来車椅子でも通れるように・・・とお考えでしたら、勾配きついと

車椅子に乗ってる人も、押す人も大変な目に。毎日ゼエゼエしてしまいます。

少なくても こんな感じ にしていただいたほうが~

あと、勾配がついてると、雨の日雪の日、どうしても滑りやすくなりますので、素材にもご注意を。

コンクリートでつくるなら、刷毛引き仕上げという、表面にスジをつけた仕上げにすると、

ザラザラしてすべりにくくなりますぜ!

 

おっ、あと15分になってしまいました。

そろそろブーツを履いてぶっこみ準備しなくてはなりませんので、今日はこのへんで。