HOMEブログ施工事例の紹介 >優しくモダンなクローズエクステリア 川越市⑤ 植物編

優しくモダンなクローズエクステリア 川越市⑤ 植物編

a87

さかなくしょん

 

ブログをご覧のみなさま こんにちは。

「市役所」のことを「しやくしょん」と言ってしまう5歳児をもつ

Plantree所沢です。

ついでに、サッカーW杯を見ていたら コートジボワールのことを

「じぼとわーる」と言ってました。じぼとわーる・・・しるぶぷれ。(フランス語風)

 

施工は1年前なのに、つい最近やったみたいな顔してお届けしておりまする

優しくモダンなクローズエクステリア な こちらのお宅。

第5回目の今回、いよいよ大団円を迎えます。が、まずは 

水戸黄門ばりの大いなるマンネリとも噂されている、おなじみの復習は コチラ を クリック。

 

エントランス

 

はい、語ると長くなるので割愛しますが、うちの凄腕リーダーが日向小次郎ばりにシャツの袖をまくりあげて

全力でプランニングしたお宅でしたっけね~

今回は凄腕セレクツの植物たちをご紹介いたします。

 

植栽1

 

道路から人目につきやすいところは、フェイジョアや、赤い葉が特徴のコルジリネと

足元には明るい葉色のグランドカバープランツ(確実な名前が言えない・・・)、

そして明るめピンクベージュ色の化粧砂利で、ドライなフィーリングで。長嶋終身名誉監督風に。

背後には白い壁で、樹形のおもしろさを引き立てつつ、植栽に視線を誘導しています。

 

そして、アプローチのヨコは自然風な感じで(あいまいすぎる)

 

植栽2

 

道路側のドライなガーデンとはまた違う、ナチュラルかつワイルド?な植栽たち。

ナニが植わってるのかというと、悲しいことにヘリクリサムしか読み取れないのですが、

石貼りのアプローチラインをゆるい曲線で区切って、もっさり感のある植物を仕込んでいます。

このもっさり具合が、植栽の後ろにあるブロック塀を、ほどよく目隠ししてくれています。

 

以上、植栽をご紹介~と言っといて、ほとんど何かわかってないわたくしPlantree所沢がお送りしました。

次回はまた、新たな事例を発掘してご紹介していきたいと思います~