HOME施工事例オープンエクステリア >ナチュラルモダンなエントランス 狭山市

ナチュラルモダンなエントランス 狭山市

モダンな雰囲気を漂わせつつ、カラーリングと植栽でナチュラル感を出したエントランスです

M2-1

ちょっと珍しいカタチの機能門柱が目をひくエントランス。
門柱そのものと、ポスト、照明がスクエアな形状でまとまっていて、モダンなイメージです。
この門柱、左側の塗り壁と、右側のタイルの色が選べるので、組み合わせによっては
よりシャープな雰囲気だったり、こんなふうにナチュラルテイストにも仕上げることができます。

M2-2

門柱の足元には、ヘリクリサムや斑入りのアベリアなどの、ちょっとボリュームがでる、
明るい葉色のものを中心に植え込みました。
構造物のまわりに、ちょっとだけでも植物があると、硬い雰囲気が和らぎます。

M1

ちょっと下がってアプローチからエントランスまでを見たところです。
手前から門柱へ向かって、インターロッキングのアプローチが伸びていて、
自然と目線や動線をエントランスのほうへ導きます。
インターロッキングといえば、公園や公共施設の印象が強いですが、このインターは
角を丸くする加工がされているので、レンガのような雰囲気でもあります。

M3-1

門柱の後ろのちょっとしたスペースに
化粧砂利と砂岩の平板を組み合わせて
小さいけれどシンプルなモダンガーデンを。
この砂岩の平板は150角なので、スペースがないところでも
使いやすいです。

M3-2

シャビーな雰囲気の化粧砂利と砂岩の平板に
ウインターコスモスの明るい黄色と、グレコマの斑入りの葉が
きれいなコントラストをつくっています。

 

 

こちらの施工事例については、Plantree所沢のHP スタッフブログ でも紹介しております。

関連の施工事例を見る